春ですね!「百合が原公園ウォーキング」のご案内。

4月も10日を過ぎればすっかり春ですね。フキノトウを見つけた!という声もちらほら聞こえてきました。 今回は財団法人さっぽろ健康スポーツ財団が設定した、つどーむ発着のウオーキングコースのひとつ「百合が原公園コース」をご紹介します。 全長約10kmのこのコースはつどーむをスタートに百合が原を通過し、篠路をぐるっと回ってまたつどーむに戻ってくるというコースです。これから新緑を迎えるにあり、とても気持ちがよいコースです。なんといっても龍雲寺の大銀杏は、紅葉とはまた違ったすがすがしさ、生命力にあふれた姿を私たちに見せてくれます。 「百合の花」で知られている「百合が原公園」から、五ノ戸の森緑地までの小道を抜け、四季折々の自然が楽しめます。また、篠路歌舞伎が発祥したとされるこの地域では、歴史や文化を体感できます。(財団法人さっぽろ健康スポーツ財団のパンフレットより)   ウオーキングは健康づくりの基本です。かつて二足歩行を手に入れた人類にとって、「ヒトらしさを維持する手段であり、このため、からだの機能を正常に保つために日常的に実行されていなければならない必要不可欠の習慣」と、日本ウオーキング協会は提唱しています。また、人類共通の行為であるウオーキングは、人種・性別・言語などのあらゆる壁を超え、喜びや心地よさを共感できるコミュニケーションツールとなります。そして、歩く速度は、車からは見落としがちな地域の魅力を気づかせてくれるでしょう。 みなさんもぜひ参加なさってみてください。 詳しい参加方法などは篠路の風をご覧ください。  ...

0
0